東京のシェアハウスなら SHARE STYLE

小型シェアハウスのメリットとデメリットまとめ

【小型シェアハウス】は、その人数からアットホームな雰囲気が魅力になります。そこで今回は、4〜9名程度の小型シェアハウスのメリットとデメリットについてまとめたいと思います!

article images

小型シェアハウスのメリットについて

小型のシェアハウスの特徴はなんといってもその人数ですよね。4〜10名程度の少人数のシェアハウスだと、一緒に住む感覚は家族に近いものになります。シェアハウス自体も小さい規模となり、同じ人と一緒にいる時間が自ずと長くなるため一緒に住む方との距離はとても近いものになります。これこそが小型のシェアハウスの最大のメリットです。少人数のためお互いの距離が近くなり、気を使わないでとてもアットホームな感覚で暮らすことができますよ。また、シェアハウスに住む方の入れ替わりが少ないことも特徴となるため、一定の長い期間を同じ方と一緒に暮らせる安心感もあります。

小型シェアハウスのデメリットについて

小型のシェアハウスのデメリットは、少人数がゆえに輪に入ることができない場合とても気を使う生活となってしまうことです。同じ人たちと一緒の空間で暮らすことになるので、シェアハウスに入った後で相性が合わないと馴染めずにそのままになってしまうことが多いです。少人数ならではの長所が短所になってしまうのです。ただ、このようなデメリットはシェアハウスに入る前に対策をすることで十分に防ぐことが可能です。小型のシェアハウスを検討する場合は家賃や立地だけをみるのではなく、住んでいる人の雰囲気や性格をしっかり担当者に確認してから入居するようにしましょう!

小型のシェアハウスには、大人数が住むシェアハウスでは味わえない楽しさや安心感を感じることができます。ご飯を一緒に作る回数が多くなったり、近所のスーパーにお買い物に行くときは誰かが一緒に来てくれたりと「家族」に似た感覚で一緒に暮らすことができますよ。大きいシェアハウスに入ったけど何か違うかな…と感じている方や、シェアハウスに住んでみたいけど大勢の人といきなりコミュニケーションをとることに自信がない方には少人数のシェアハウスはとてもオススメです!以上、小型シェアハウスのメリットとデメリットまとめでした!