東京のシェアハウスなら SHARE STYLE

ARDEN要町 地域情報 - 池袋編

前回の要町編に続き、池袋編です。この記事では、池袋〜要町間の地域情報をご紹介します。ARDEN要町は、「池袋駅」から要町方面に歩いて徒歩10分ほど。繁華街のど真ん中にあるシェアハウスと誰もがそう思うでしょうが、そんな誤解の無いように、池袋駅からシェアハウスまでの通り道をご案内していきます。

多くの路線が乗り入れるビックターミナル「池袋駅」

ARDEN要町から"セカンド最寄り駅"「池袋駅」まで徒歩10分ほど。全部で9線使えるので各方面へのアクセスが良く便利です。
・JR山手線 → 新宿8分、上野16分、秋葉原19分
・JR埼京線 → 大宮24分、国際展示場31分 ※お台場
・JR湘南新宿線 → 恵比寿13分、横浜39分
・JR成田エクスプレス → 成田空港直通(だけど6:00発です)
・西武池袋線 → 豊島園13分
・東武東上線 → 森林公園駅57分、高坂50分 ※こども動物自然公園
・東京メトロ丸の内線 → 東京16分、御茶ノ水11分、大手町15分
・東京メトロ有楽町線 → 飯田橋10分、市ヶ谷12分、永田町16分
・東京メトロ副都心線 → 新宿3丁目9分、西早稲田5分、渋谷12分

article

池袋駅から西側に少し歩くと一変して閑静な住宅街が広がります。

さてARDEN要町の地域情報-池袋編。スタートは駅地下の「Echika」です。地下鉄の駅を便利に楽しく変えるがコンセプトの商業施設。EKIBENプロジェクトの一環で開設されました。

良い(E)+地下(Chika)でEchika(エチカ)って意味でとてもキュートでオシャレな駅地下なんです。ちなみに最近のキャッチコピーが「あなたは地下に、恋をする?」です。なんとファンシーな!

article

ARDEN要町には、この地下道を潜って行きます。飲食店や衣料品店が充実しています。

article

エスカレータを上がると、こんな感じです。デパートに家電量販店、飲食店が多く、まさに繁華街!マルイもルミネもパルコもご近所です。

article

article

こちら、Echika(エチカ)の仲間のEsola(エソラ)です。駅地下がエチカで駅ビルがエソラ。

良い(E)+空(Sola)でEsola(エソラ)だそうです。コンセプトは、「池袋の上質な玄関口」。衣料品店や飲食店など約40店舗が出店しています。Cafe de Esola (カフェ・デ・エソラ )はオープンテラス席もあっておススメです。

article

こちら、ルミネ池袋の入り口です。Esolaの隣にあります。

article

article

article

こちら、池袋駅の前にある西口公園です。定期的にイベントが開催されます。この日は、古本市が開催されていました。

article

Echikaから地上に出ると、目の前にはマルイがあります。

article

池袋西口からARDEN要町の途中には、雰囲気の良さそうな飲食店が色々とあったので、抜粋してご紹介。こちら、「a la campagne(ア・ラ・カンパーニュ)」というフレンチレストラン。無農薬・低農薬の野菜やフルーツを使ったケーキがおススメだそうです。オープンテラス席がとても気持ち良さそう!

article

こちら、「GARA」というエスニックレストラン。インドのニューデリーにある一流レストランのベテランコックと日本人コーディネーターによる創作エスニックレストランだそうです。ちなみにGARAっていうのはお祭りって意味との事。オープンテラス席もあります。

article

こちら、住人お勧めのベーカリカフェ「CAFE TERVE」。オーガニックブレッドが美味しいとの事。TERVE!というのはフィンランド語でやあ!って意味だそうです。

article

CAFE TERVEの隣には、西池袋公園があり、休日には子連れのファミリーがちらほらと。平日は学生が多い印象です。

article

article

こちら、ARDEN要町に繋がる立教通りです。その名の通り、立教大学に面してます。この日は学園祭でした。

article

レンガ張りの歩道が続く通りに建つかわいいチャペル。歴史を感じさせる西欧の街並みに似た建物が立ち並び、ヨーロッパの古い街並みに入り込んでしまったような錯覚を感じさせます。

article

立教大学のキャンパスを貫くような環境豊かな立教通りがハウスまでの通り道。池袋駅にほど近い繁華街のすぐそばに、こんな素敵な通りがあったなんて知ってました?

article

この通りを少し歩くと。。

article

はい。ARDEN要町に到着です。ARDEN要町の詳細情報は「ARDEN要町物件ページ」から!

article