東京のシェアハウスなら SHARE STYLE

【ARDEN南行徳】入居者レビュー「私とシェアハウス」

こんにちは、ARDEN南行徳住人のカボス(仮名)です。今、自室でペリエを飲みながらこのブログを書いています。

article images

まずは、自己紹介から

改めまして初めましてー^^ 九州産の現「ARDEN南行徳」の住民です。うちは50人という大所帯ですが、九州人は2名しかおりません。北は北海道から南は鹿児島まで、そしてアメリカを中心とした外国人も住む多国籍交流型シェアハウスです。 シェアハウスってどんな感じなんだろう? 実際住んでいる人の話が聞きたい! という方へ情報を発信できればと思い、書いています。 あとただのオウチ自慢!(笑)

まず僭越ながら私の話をさせて頂きますね^^

・2年前、福岡で一人暮らしをしていたが、どうしても一度関東に住んでみたかった
・引越し費用を浮かせるためにシェアハウスを選択。(やっぱ駄目だったわ!となった場合に即座に逃げ帰れるようにとも考えたような気がする・・・退路確保(笑))一人暮らしよりも初期費用は安いし、光熱・ネット環境の面倒な手続きも不要で楽チン!(ここはコミコミなのです)
・更に地方民が友達も作れる!一石二鳥!と考えた
・地方民は内覧に行くのも一苦労なので、もう行ってから考えよう!と、とりあえず飛び出して、ネットで探して行った最初の内覧がシェアスタイルの物件。「あ、ここだな」と思い即日契約。運命の出会い。

人それぞれシェアハウスに住む理由はあるかと思いますが、私の場合はこんな感じ。もう今月で2年になりますが、ただ上京して一人暮らしをするよりも得たものは多かったなと感じております。いや本当に。生まれた場所・職種・人種・年齢が様々な人々が場所と時間を共有する、ここは現代の長屋とも言えるでしょう。ただ普通に生活しただけでは絶対に交わることがなかったであろう人々との出会いがここにはありました。

シェアハウスでの暮らしはどのような感じ?

楽しそうだけど、プライベートは保たれるの??といった心配もあるかもしれません。ウチの場合はリビング・キッチン・シャワー・トイレ等が共用。50人住んではいますが、生活時間はそれぞれなので、キッチンやシャワーが混み合って困る、ということはあまり起こりません。個人の部屋はさほど広くはないですが、ミニ冷蔵庫・洗面台が全個室についているのが嬉しいところ。思う存分お一人様生活気分も楽しめます。

article images

私は自炊もするので、キッチンにある共同冷蔵庫も使用しますが、部屋の冷蔵庫には牛乳とか水とか、朝食用ヨーグルトなどを入れています。ズボラなので朝は部屋で済ませてしまうのでーす。私が住んでいるのはロフトベッドタイプで、ベッド下スペースを広く使えるので気に入っていますー。

article images

こんな感じ。 ちなみに演出の素敵グラスはcommonでリビングにあるものです。今年卒業したイケメンバーテンさんが置いて行ってくれたもの。自由に使えます。 ベッドからぶら下がっている布は何かというと、頭殴打防止のプチプチを包んでおります(笑)入居してすぐ、ロフトベッドに本当に慣れなくて、何度も打って頭痛起こしたんですよ・・・あの時は・・・上京早々死ぬかと思いました・・・ 今でもたまに打つので外せません。 部屋のつくりは2パターンですが、住んでいる人の個性で本当に様々なカラーになります。素敵なお部屋もたくさんあるので、住人の許可を得て今後ご紹介していきたいです。 リビングに集まることも多いですが、たまにお部屋で女子会!なんてことも。同じ建物に住んでいる仲間なので、平日でも集まったりします^^ 眠くなったら遠くても徒歩2分ほどで部屋に帰れるので(笑)、気軽に集まれますー!

article images

今回はこんな感じで。東京でシェアハウスをお探しの方、お隣の千葉も住みやすいですよ!南行徳なら2駅でもう都内!ぜひご検討くださいー!