東京のシェアハウスなら SHARE STYLE

葛西臨海公園に行ってきた!

【葛西・船橋エリア】から「葛西臨海公園」をご紹介したいと思います!葛西臨海公園は、東京都江戸川区に所在する都立公園になります。 アクセスはJR京葉線「葛西臨海公園」から徒歩1分、東京メトロ東西線「西葛西」からは都バスで約20分となっています。 駐車場があることから、車で来られる方も多くいらっしゃいますよ。 総面積はなんと81万平方メートルと大きく、都内屈指の規模を誇ります! 園内には水族館や大観覧車、鳥類園まで存在しており、たくさんの動植物と触れ合うことができますよ。

article images

葛西臨海公園のみどころ

article images

葛西臨海公園は、その広さからゾーンと呼ばれる複数のエリアで分かれており、各エリアによってみどころが異なります。芝生広場を中心に、大観覧車や宿泊施設がある「芝生ゾーン」。東京湾を望む展望レストハウスのある「汐風の広場ゾーン」。葛西臨海水族園を中心に海の生物とふれあえる「水族園ゾーン」。鳥類園ウォッチングセンターや観察小屋など、野鳥の自然観察ができる「鳥類園ゾーン」。サービスエンターや駅前広場など、公園のエントランスとなる「管理ゾーン」。他にも小さくエリアが分かれており、全てを回るとあっという間に一日が終わってしまいそうです!

クリスタルビュー

article images

展望広場に建つレストハウス「クリスタルビュー」は、地上2階建てのガラスの透明な近代建築です。芝生の中にポツンとあることから、少し日本ではないような雰囲気もあります。

article images

建物自体がほとんどガラスでできているため、建物内を歩いていると、まるで空中散歩をしているような気持ちになれます!クリスタルビューからは東京湾を一望することができるため、天気の良い日は景色が圧巻です。

葛西臨海水族園

article images

都内でも人気の水族館の一つである葛西臨海水族園は、カップルの中では定番のデートスポットです。展示されている生物の種類の多さ、2,220トンの大水槽など見どころ満載です!生物とふれあえるスポットもあることから、家族連れにも人気の水族園となっています。

大観覧車

article images

葛西臨海公園の目印にもなっている大観覧車。日中は東京湾を一望することでき、都内を一望することもできますよ。ですが、なんといってもオススメは夕方!周りが暗くなると、東京タワーや東京スカイツリーも眺めることができて、とてもロマンチックです。日中と夕方で雰囲気が異なるため、どちらの状態も体験してみることをオススメします!

葛西臨海公園のまとめ

観覧車から水族園、磯遊びにバーベキューなど葛西臨海公園は遊び方が尽きません。デートで行っても、大人数で遊びに行っても楽しむことができそうです!