東京のシェアハウスなら SHARE STYLE

アメ横に行ってきた!

上野にある活気に満ちている大規模商店街の「アメ横」を紹介したいと思います!「アメ横」とは正式名称は「アメヤ横丁」と呼び、御徒町駅と上野駅間の山手線の高架下にある約500メートルほどの商店街になります。青果店や飲食店を中心に約400店が並ぶ都内でも有数の大型商店街になりますよ。一日の来客数は50万人を超える日もあり、人々で常に賑わっているのが印象的です。

article images

「アメ横」の歴史

「アメ横」は元々は「アメヤ横丁」と呼ばれていました。それは戦後に闇市があった場所で、飴を売るお店がたくさんあったことから名前の由来となったと言われています。「アメ横」と聞くと、アメリカを想像する方も多いですよね?アメリカと全く関係がないわけではなく、駐留米軍などからアメリカ物資がマーケットに大量に流れこできた影響があり、一時は「アメリカ横丁」とも呼ばれていたそうです。これらの、飴から由来した「アメ横」と、アメリカから由来した「アメリカ横」が重なることから、総じて「アメ横」と呼ばれるようになったそうです。戦後から存在する商店街のため、その歴史は随分古いのですね。

「アメ横」の商店街

article images

メインとなるのが、鮮魚や野菜などの食材を扱ったお店です。珍しいお魚や野菜がたくさんありますよ。品揃えはとても多く、業務用として購入される方も多いようですが、一般の方に向けた販売を基本としているため値段も安く購入しやすいです。また、値引き交渉も盛んに行われており、魚屋の店先でダミ声で鮮魚を売っている場合は、その多くが値引き対象の品となっていますよ!昼時は値引き交渉が難しい商品も、夕方近くな売れ残った場合は叩き売りの対象となる場合もあるそうです。

「アメ横」に食べ歩き

article images

「アメ横」は食べ歩きでも有名な商店街です。どらやきやたいやき、もつ煮込みや小籠包など種類は様々です。値段も大変安く、商店街を通りきるまでにはたくさんのお店に出会うことができますよ!

「アメ横」のまとめ

いつも人で賑わう「アメ横」は活気に満ちていて、昔ながらの商店街を感じることができました。お昼過ぎから向かい、食べ歩きをしながら夕飯の買い出しをするなど楽しみ方はたくさんありそうです。平日は休日と比べて人は少ないので、穴場の平日を狙って行ってみるのも良いかもしれませんね!