東京のシェアハウスなら SHARE STYLE

湯島天神に行ってきた!

上野の隣駅、御徒町にある「湯島天神」。学問の神様と呼ばれており、受験シーズンは受験生で溢れる有名な神社です。今回はそんな「湯島天神」を紹介したいと思います!東京文京区にある湯島天神はJR御徒町から徒歩5分、湯島駅から徒歩2分ほどの場所にあります。湯島天神の創建は非常に古くて、雄略天皇2年と伝えられています。もともとはこの地の神様で、天照大神が隠れた天岩戸を開いた天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)を祀ったのが始まりだといわれています。その後、同じく天神様とよばれる菅原道真公が祀られ、御祭神は菅原道真公と天之手力雄命となりました。

article images

湯島天神の御利益

湯島天神には「学業」「勝運」「縁結び」の御利益があるといわれています。その中でも「学業」の御利益は有名で、学問の神様として受験生に大人気の天満宮となっています。受験シーズンにはお参りにくる受験生で溢れ、御徒町駅前まで受験生で溢れることもあるそうです。

「男坂」「女坂」

article images

江戸百景にも選ばれた「男坂」「女坂」は35段前後のゆるやかな階段です。坂の上から見える景色は絶景となっており、街を見渡すことができますよ。特に夕暮れ時は美しく、都内に住む方は一度は見て欲しい絶景です。

健康祈願の「撫で牛」

article images

天神の入り口にある「撫で牛」は、健康祈願の神様とも呼ばれており、自分の体の悪いところと同じ部分を撫でると、良く回復する御利益があると信じられています。学業の神様を祀る天神というだけあって、「撫で牛」の頭は常に綺麗な状態でいますよ。

梅まつりや梅酒祭り

湯島天神は梅の名所であることから、梅に因んだお祭りも開催されていますよ。梅酒祭りでは全国各地の100の酒蔵から集まった梅酒、170種以上を飲み比べできることもあり、多い時では5,000人もの観光客が訪れることもあるそうです。

湯島天神まとめ

article images

湯島天神には梅園や庭園もあり、本殿以外にも見所がたくさんあります。受験はもちろん、資格祈願や縁結びにも御利益があるため珍しいお守りもたくさんありますよ。すぐ近くには上野公園もあるため、お散歩で公園から神社を巡ってみるのも良いかもしれませんね。